ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2020年2月号

脳卒中を知ろう!予防しよう!

15/56

島根県出雲市

血圧の上がりやすい冬に注意!

■脳卒中とは?
脳の血管が破れたり、詰まったりする病気を総称して‘脳卒中’と言います。
心臓から全身に血液を運ぶ血管が硬くなると(動脈硬化)、脳卒中が起こりやすくなります。

■出雲市の脳卒中の状況
脳卒中の発症率は、島根県より高い状況にあります。
また、男性は女性の約2倍の発症率です。

※年齢調整発症率とは、「標準とする人口」と同じ年齢構成であれば、人口10万人あたりの罹患数はこの程度になると推測した値のこと

■脳卒中にならないためには、‘高血圧予防’
~脳卒中発症者の7割が高血圧です~

(1)自分の血圧に関心を持とう
・毎日時間を決めて測り、記録をつける。
・自宅等で測る血圧(家庭血圧)が、135/85mmHg以上が続くときは、かかりつけ医に相談する。
・治療中の人は、受診や内服を中断しない。

(2)減塩をこころがけよう
・調味料や濃い味の食品を控える等、うす味を心がける。
1日の塩分摂取量の目標値は、男性8g、女性7g未満とされています。日本人の摂取量の平均は9.9gと、摂取量が多い状況です。(平成29年度国民栄養調査から)

(3)お酒は適量を守ろう
・日本酒なら1合、ビールなら500mlまで。
・週2回は休肝日をもつ。

(4)身体を動かそう

(5)禁煙しよう

■下記の症状が突然出たら、迷わず119番へ!
~発症から3時間以内に!早期受診と治療が重要です~
・ろれつが回らない
・言葉が出てこない
・会話が理解できない
・身体や顔の片方がしびれる
・力が入らない
・経験したことのない激しい頭痛がする
・片方の目が見えない
・物が2つに見える
発症後、早期にしかできない治療があります。
症状がすぐに消えても、放置せず、必ず受診しましょう。
大きな発作につながる可能性もあります。

問合せ:健康増進課
【電話】21-6976

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地