ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2020年1月号

ひきこもりの理解と支援のために

11/52

島根県出雲市

「ひきこもり」は病名ではなく、状態を説明した言葉です。
・仕事や学校に行っていない
・家族以外の人との交流がない
・自宅から出ない
・自分の興味のある場所には行くが、人との会話は避ける
など、社会的な関わりが長期にわたって失われている状態です。

ひきこもりの原因はさまざまで、「会社での人間関係などにストレスを感じ、家から出られなくなった」「学校になじめず、周りの人が信頼できなくなった」「不登校がきっかけで家に閉じこもった状態が続いている」など、追い込まれた結果ひきこもった人や、病気や発達障がいが原因と考えられる人もいます。
病気や障がいがあるとわかれば、薬物療法などの専門的医療や、障がいの特性に応じた対応がとりやすくなり、効果が期待できます。
ひきこもりは、「早く解決したい」との家族や周囲の焦りが、当事者には逆効果になります。
悩みや不安を抱え込まず、まずはご相談ください。

相談先:
・出雲市福祉推進課 相談支援係【電話】0853-21-6905
・島根県立心と体の相談センター【電話】0852-21-2885
・出雲保健所 心の健康支援課【電話】0853-21-1653

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地