ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年9月号

職場の研修に認知症サポーター養成講座を活用しませんか

18/63

島根県出雲市

認知症の症状や基本的な対応の仕方などを学び、職場での対応や接客等に活かしてみませんか。
地域で働く人の正しい理解と協力は、認知症の人やその家族にとって心強い支えになります。
認知症に対する理解を深め、認知症の人にやさしい地域づくりをめざしましょう。

■認知症サポーターとは
認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく見守る応援者です。

■認知症サポーター養成講座
認知症の原因や症状、認知症の人との接し方など、認知症に関する基礎知識を学びます。
講座を受講された人には、「認知症の人を支援します」という意思を示す目印の「オレンジリング」(全国共通)をお渡しします。
時間:全1回・90分程度
受講料:無料

■講座を開催するには
概ね5人以上で構成する団体やグループであれば、どのような単位でも開催できます。開催を希望される日時、会場をお申し込みください。
講師の認知症キャラバン・メイトを派遣します。

■認知症の人の支援に積極的に取り組む企業を募集しています
市には、認知症の人の支援に積極的に取り組む企業を「認知症オレンジサポートカンパニー」として認定する制度があります。認定には、認知症サポーター養成講座を受講後、さらにスキルアップ講座(時間…全3回・各60分程度、受講料…無料)を受講いただく必要があります。詳しくは、医療介護連携課へおたずねください。

申込み・問合せ:医療介護連携課
【電話】21-6106

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地