ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

中海・宍道湖・大山圏域市長会通信

中海・宍道湖・大山圏域市長会事務局 TEL 55-5056

中海・宍道湖・大山圏域市長会は、中海と宍道湖沿岸の5市(松江市、出雲市、安来市、米子市、境港市)で構成しています。5市が連携して取り組むことで実現できる事業や、より大きな効果が期待される事業に一体となって取り組んでいます。

■市長会が掲げる4つの基本方針
1 活力あふれる圏域づくり(産業振興)
2 訪れてみたい圏域づくり(観光振興)
3 住みたくなる圏域づくり(環境の充実)
4 ともに歩む圏域づくり(連携と協働)

■29年度 市長会が取り組む主な事業
◯活力あふれる圏域づくり(産業振興)『産学・医工連携支援事業』
レベルの高い総合病院や優れた技術を持つ企業が集積するこの圏域で、医療機関側が求めるものと企業が持つ技術との「縁結び」を行い、新たな医療器具などの開発や販売を支援します。雇用創出や定住促進など圏域の産業振興に大きな期待を持てる事業です。

◯訪ねてみたい圏域づくり(観光振興)『中海・宍道湖・大山圏域DMO』の設立
近年日本を訪れる外国人観光客が増えています。この圏域にも来てもらえるように宣伝したり、訪れた人に満足してもらえるように受入体制を整えていきます。また、国内観光の誘客も行います。圏域の観光振興のかじ取り役として圏域DMOを設立し「山陰まんなか共和国」をPRしていきます。

<『DMO』とは…>
『観光地域づくり組織』のことで、地域の観光振興のためのかじ取り役として、関係者と協働で戦略の策定やその着実な実施に向けた調整機能をもつ組織です。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU