ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年9月号

みちしるべ 第147号(2)

9/63

島根県出雲市

■人権・同和教育基礎講座受講生募集!
同和問題をはじめとするあらゆる人権問題の解決に向けて、人権・同和教育基礎講座を9月から4回シリーズで開催します。各回講座は次のとおりです。
手話通訳あり
場所:出雲市役所 くにびき大ホール

◇第1回講座
日時:9月7日(土)10:00~12:00
講師:道志真弓(どうしまゆみ)さん
演題:「笑顔の戦士~生きているって幸せ~」
不妊治療の末、やっと授かった娘は世界で数十例の病気と診断され、8歳で他界。
歩くことも話すこともできませんでしたが、明るく楽しく笑顔が絶えない日々。
生まれてこなければよかった命なんてひとつもない。生まれてきた命すべてに意味がある。生きているんだから、やりたいことをなんでも悔いなくやれる。物事のとらえ方や考え方で、人生はとても楽しく変わることを知ってほしい。講演を通し、命の重さや感謝の心、生きることの素晴らしさを感じていただければと思います。

◇第2回講座
日時:10月5日(土)10:00~12:00
講師:
・松本孟(まつもとはじめ)さん(拉致被害者松本京子さんの兄)
・中尾和子(なかおかずこ)さん(鳥取県総務部人権局人権・同和対策課)
演題:「拉致被害者の人権・家族の思い」
拉致問題とは何か、また、その解決に向けて鳥取県はどのような取組をしているのか等を説明していただき、米子市出身の政府認定拉致被害者 松本京子さんの兄である松本孟さんに、拉致被害者の人権や家族の思いについて語っていただきます。

◇第3回講座
日時:11月9日(土)10:00~12:00
講師:大賀一樹(たいがかずき)さん(臨床心理士・公認心理師)
演題:「LGBTってなんだろう?~性の多様性を取り巻く社会の状況と課題について~」
LGBTについての基礎的な知識を学び、具体的に何が啓発されていないのか、何が見えていないのか、また、なぜ今この課題が見えるようになってきたのかについて、講師ご自身のこれまでの体験もまじえて、お話していただきます。

◇第4回講座
日時:12月7日(土)10:00~12:00
講師:仲村由里(なかむらゆり)さん(松江市立福原会館指導職員)
演題:「私と同和問題」
同和地区出身という理由で、就職・結婚と立て続けに受けた差別。講演では、講師ご自身がどのように同和問題を知り、向き合ってきたのか、当事者からのお話をしていただきます。同和問題について、一緒に考えてみませんか?

申込み・問合せ:人権同和政策課
【電話】22-7506
【FAX】22-7502
【E-mail】jinken@city.izumo.shimane.jp

人権・同和問題啓発広報
同和教育・啓発推進会議

問合せ:人権同和政策課
【電話】22-7506

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地