ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年8月号

出雲大好き Iターン女子の職場を訪問!

19/56

島根県出雲市

出雲大好きIターン女性支援事業を活用しているみなさんの働く姿を紹介します。

その15 秦野和泉(はたのいずみ)さん
(ル コションドール出西)

秦野さんは、平成30年3月に大阪市から移住し、斐川町の株式会社出西ビレッジ(代表取締役 多々納真氏)が運営するベーカリーカフェ「ル コションドール出西」に勤務しています。同店の開店にあたり、取締役で友人でもある倉益孝行さんにパン職人として誘われたことが移住のきっかけとなりました。
出雲で働き始めて1年半、「パン作りは難しく、まだまだ修行中ですが職場の雰囲気が良く、楽しく働かせていただいています。気象条件を考えながらパン生地を仕込み、上手く焼きあがったときに喜びを感じます!」と充実した日々を送っている様子です。
倉益さんは「お店を開店する際に、『しっかりした方』を採用したいと考えており、学生の頃から何事にも一生懸命取り組む姿を見ていた秦野さんをお誘いしました。お店の中心として期待以上に頑張っていただいて、職場の仲間からの信頼も厚く、大変助かっています。今後もこれまで以上にみんなを引っ張っていってもらいたいです。」と期待しています。
秦野さんは「出雲は、人が親切!親のように面倒をみてくれる人が多いと感じます。体調を崩した時に自宅のドアノブや車のミラーに食料品が引っ掛けてあったんです。『ぎょっっ!』と思ったのですが、手紙も添えられていて、心がほっこりとなりました。それに、街ですれ違う小中学生が挨拶をしてくれるんですよ。どちらの出来事も大阪では経験がないことなので驚くとともに、人の優しさを感じました。」と出雲での暮らしを語りました。
また、「出雲に来てから茶道を習い始めたこともあり、お花の名前を意識したり、焼き物に興味を持ったりするようになりました。今はお茶道具を揃えることにはまっています。」と楽しそうに話しました。
仕事に、趣味に、一生懸命に頑張っている秦野さん。「出雲大好きIターン女性」としての今後の活躍を応援します。

出雲大好きIターン女子のブログを「いずもな暮らし」で公開中!
【HP】http://izumonakurashi.jp/izumoblog

問合せ:縁結び定住課
【電話】21-6629

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地