ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年8月号

介護保険通信

8/56

島根県出雲市

65歳以上の人の令和元年度の介護保険料が決定しました。
「介護保険料賦課決定通知書(本徴収)」をご確認ください。(7月中旬に発送しています。)

■介護保険料の納め方
原則として年金からの天引きで納めていただきます。
年金額等に応じて納め方が異なります。

◆あなたの年金額は?
◇年額18万円(月額1万5千円)以上
『特別徴収』
年金の定期払い(年6回)の際に、介護保険料が天引きされます。

◇年額18万円(月額1万5千円)未満
『普通徴収』
偶数月に、口座振替または納付書で納めていただきます。

※特別徴収と普通徴収を併用する場合があります。

◆こんなときは普通徴収になります
◇特別徴収の人の保険料額が本算定後、変更になったとき・・・
1.増額の場合は特別徴収と普通徴収の併用徴収となります。
2.減額となった場合、翌年の8月までは普通徴収となります。

◇他の市区町村から転入された人は・・・
前住所地で年金から天引きされていた人も当分の間、普通徴収となります。

◇年金担保融資を受けた時、または年金の現況届の提出が遅れた時など・・・
年金から天引きができなくなるため当分の間、普通徴収となります。

◇65歳になられた人は・・・
年金額が年額18万円以上の人も当分の間、普通徴収となります。

◆仮徴収と本徴収
◇仮徴収
4月(第1期)
6月(第2期)
8月(第3期)
平成29年中の収入等をもとに、仮に計算した年間保険料額の半額を3回に分けて納めます。

◇本徴収
10月(第4期)
12月(第5期)
2月(第6期)
平成30年中の収入等をもとに、確定した年間保険料額から仮徴収分を差し引いて3回に分けて納めます。

◆保険料を納めないでいると・・・
特別な事情がないのに保険料を滞納していると、介護サービスを利用した時に滞納した期間に応じて下記のような措置があります。保険料は、納め忘れのないようにしましょう。

◇1年以上滞納すると
利用者がいったんサービスの全額を負担し、その後、申請により費用の保険給付分が支給されます。(償還払い化)

◇1年6か月以上滞納すると
滞納している保険料の額を本来支給される保険給付の額から差し引くことがあります。

◇2年以上滞納すると
利用者の負担割合が3割または4割に引き上げられるなどの措置がとられます。(給付減額)

◆困ったときはご相談を!
災害などの特別な事情により、一時的に保険料が納められなくなった時は、保険料の減免や納付の猶予を受けられる場合があります。また、生活が著しく困窮し、生計を維持することが困難であると認められた人は、保険料の軽減措置がありますので、ご相談ください。

■65歳以上の人の介護保険料の決まり方

令和元年度の介護保険料

※消費税の増税に伴い、今年度から住民税非課税世帯の人(第1~第3段階)の保険料を軽減しています。
・年間保険料を計算した結果、年額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てます。
・「合計所得金額」とは、収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります)を控除した金額のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。また、長期譲渡所得や短期譲渡所得がある場合は、それにかかる特別控除額を差し引いた額を適用します。
・「その他の合計所得金額」とは、「合計所得金額」から年金収入にかかる所得を差し引いた金額のことです。

問合せ:高齢者福祉課
【電話】21-6212

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地