ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年7月号

第52回出雲市同和教育講演会を開催します

5/55

島根県出雲市

日時:7月27日(土)14:00~16:00(開場13:00)
場所:出雲市民会館大ホール(定員1,200名)
※入場無料
※申込不要
※手話通訳、要約筆記あり

講演:演題「改めて部落史に学ぶ~東山文化を支えた差別された人々~」
講師:京都教育大学名誉教授 外川正明さん
《経歴》
1978年、京都教育大学教育学科卒業後、京都市立小学校教員として「竹田の子守唄」の発祥地を校区に含む小学校で同和教育に取り組む。1996年京都市総合教育センター研究課勤務。京都教育大学勤務を経て、現在は、京都教育大学並びに鳥取環境大学名誉教授及び世界人権問題研究センター研究員。
《主な著書》
『部落史に学ぶ-新たな見方・考え方に立った学習の展開』解放出版社2001年
『教育不平等~同和教育から問う「教育改革」』 解放出版社2002年

被差別部落の歴史についての研究は、近年、めざましい深まりと広がりがみられます。これまで当然のように語られてきた部落差別の成立を「近世の民衆支配のための政治体制」に求める考え方や「部落の生活は常に貧困で悲惨であった」といった見方などに大きな修正と見直しが求められています。
講演では、東山文化を支えた差別された人々をテーマに、部落史の見直しの研究者及びその効果的な指導方法についての実践者としての視点から、部落史の新たな見方、そして私たち一人ひとりに問われていることについてお話しいただきます。

会場の駐車場に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。また、お車でお越しの際はできるだけ乗り合わせてお越しください。

問合せ:人権同和政策課
【電話】22-7506
【FAX】22-7502
【E-mail】jinken@city.izumo.shimane.jp

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地