ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年11月号

配偶者・パートナーからの暴力に悩んでいませんか?

22/66

島根県出雲市

11月12日~25日は「女性に対する暴力をなくす運動」期間です。

■DV(ドメスティック・バイオレンス)とは?
配偶者(事実婚や元配偶者も含む)など、親密な関係にある、またはあった者からの暴力のことです。その被害者の多くは女性です。DVの目的は、暴力を使って「相手を支配しコントロールすること」です。

■暴力の種類
◇身体的暴力
・相手を殴る、蹴る
・首を絞める
・髪の毛を引っ張る

◇精神的暴力
・大声で怒鳴る
・束縛される
・ひどい言葉でののしる

◇性的暴力
・性行為を強要する
・避妊に協力しない

◇経済的暴力
・生活費を渡さない
・お金の使い道を報告させる
・借りたお金を返さない

◇社会的暴力
・外出を妨げる
・付き合いを制限する
・交友関係や行動をチェックする

■DV被害者を守る法律があります
「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」(DV防止法)があります。
《平成13年制定》
これまでDVは「家庭内のこと」「個人のこと」と見過ごされてきました。
しかし、DVは重大な人権侵害であるとの認識のもと、社会全体で解決すべき問題とされています。

暴力は、一つではなく幾つもが重なって起きています!
なくそう 女性への暴力

■ゆめタウン出雲で「DV防止に向けた取組」をパネルで紹介しています。
展示期間:11月1日(金)~11月30日(土)

■いま、10~20代の若い人たちが被害にあっています!
・デートレイプドラッグ問題
・デートDV問題
・AV(アダルトビデオ)出演強要問題
・JK(女子高校生)ビジネス問題
飲み物に睡眠剤を入れられて性的な被害を受けたり、嫌われたくない気持ちが先立つことで暴力と認めにくいデートDV問題等が発生しています。このような問題で悩んだり、困ったりしている人は、一人で抱え込まずに相談しましょう。
内閣府では、啓発サイトを開設し、被害事例や相談窓口を掲載しています。
内閣府男女共同参画局ホームページ『内閣府 女性 暴力』で検索

■ひとりで悩まずに相談してください《女性相談窓口》
相談受付時間:月~金曜日8:30~17:00(祝日・年末年始除く)
・出雲市市民活動支援課【電話】22-2085
・出雲児童相談所女性相談窓口【電話】21-8789
・島根県女性相談センター【電話】(0852)25-8071(電話相談のみ土・日対応可)
・島根県女性相談センター西部分室【電話】(0854)84-5661
・出雲警察署生活安全課(24時間対応)【電話】24-0110

問合せ:市民活動支援課
【電話】21-6952

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地