ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年10月号

ヘルシー・サポート(特定保健指導)で脱メタボ!

12/52

島根県出雲市

メタボリックシンドロームを放置しておくと、動脈硬化が進行し、心臓病や脳卒中など生活習慣病を発症したり、生活機能の低下を招いたりするおそれがあります。
市では、出雲市国保特定健康診査(国保人間ドックを含む)の結果から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に該当する人、予備群の人に保健師等による健康づくりサポート事業を行っています。

■対象者は?
・40~74歳の人で、出雲市国保特定健診や国保人間ドックを受診し、メタボリックシンドロームの該当者、または予備群の判定となった人。
※腹囲または体格指数が基準値(男性85cm・女性90cm、体格指数25)以上で、血圧・血糖・脂質の検査値や喫煙の状況により判定します。
・健診を受診後、2~3か月後に、該当者には通知をします。通知後、保健師から電話や訪問をする場合もあります。

■どんなことをするの?
◇医師・保健師・管理栄養士等が、面談や電話、お便りで約3か月間サポートします。

◇病院または市役所(本庁・行政センター)への来所により20分程度の面談があります。(希望者には保健師による訪問での面談も可能)
・まずは健診の検査値等から自分の健康状態を知ることから始めます。
・生活面で自分がどんなことに気をつける必要があるか、どんなことならチャレンジできるかなど自分に合う目標を一緒に見つけていきます。
・本人に合う無理なく始められる方法で、効果が出るよう具体的に考えていきます。

■費用は?
個人負担はありません。

■ヘルシー・サポートの対象にならない人には
食生活や運動についてアドバイスがほしい人、相談をしたい人は、「すこやかライフ健康相談」を利用できます。お気軽におたずねください。
(広報いずも「健康コーナー」にも毎月掲載)

■生活習慣病はこのように進行します
◇段階1
・運動不足
・不適切な食生活
・喫煙
・過度の飲食
・過度のストレス

◇段階2
・肥満
・高血糖
・高血圧
・脂質異常

◇段階3
・肥満症
・糖尿病
・高血圧症
・脂質異常症

◇段階4
・虚血性心疾患
・脳卒中
・糖尿病の合併症

◇段階5
・半身の麻痺
・日常生活における支障
・認知症 など

申込み・問合せ:健康増進課
【電話】21-6979

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地