ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2018年8月号

「本人通知制度」のご案内

5/60

島根県出雲市

~住民票などを第三者に交付した場合に登録者にお知らせします~

■本人通知制度とは
住民票の写しや戸籍謄本などを、本人等以外の委任による代理人や第三者に交付した場合に、事前に登録した人に対して、その事実を通知する制度です。
住民票の写し等の不正請求や不正取得をなくし、個人の権利侵害の防止を図ることを目的としています。(登録は無料)
・住民票や戸籍謄本などは、本人以外の第三者でも法律上認められる場合は取得することができます。
・本人通知制度は、第三者からの請求を拒否したり、交付の可否について登録した人に確認する制度ではありません。

(1)登録申請
『本人(登録者):出雲市に住民登録または本籍がある人』→『本庁市民課:各支所市民福祉課・市民サービス課』

(2)証明書の請求
『交付請求者(代理人・第三者)』→『本庁市民課:各支所市民福祉課・市民サービス課』

(3)証明書の交付
『本庁市民課:各支所市民福祉課・市民サービス課』→『交付請求者(代理人・第三者)』

(4)交付の事実を通知
『本庁市民課:各支所市民福祉課・市民サービス課』→『本人(登録者):出雲市に住民登録または本籍がある人』

■登録に必要なもの
(1)「申出書」を提出。 ※申出書は、受付窓口にあります。市ホームページからもダウンロードできます。
(2)本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、年金手帳など)
※未成年者の法定代理人や成年後見人が申請する場合は、法定代理人の資格が確認できるものも必要です。
※その他の代理人(登録を希望する人から委任を受けた人)が申請する場合は、委任状も必要です。

■通知する証明書
・住民票の写し、住民票記載事項証明書
・戸籍附票の写し
・戸籍謄本・抄本、戸籍記載事項証明書
※証明は、それぞれ除票、除籍を含みます。

■通知の対象となる請求
(1)本人等からの依頼を受け、委任状を持参した場合
(2)本人以外の第三者(個人または法人)
1.法律で認められた理由があり請求する場合
2.業務遂行のために必要な弁護士、司法書士、土地家屋調査士、行政書士などからの請求の場合(一部適用除外あり)

■通知の内容
・証明書の交付年月日
・証明書の種別、通数
・交付請求者の種別
※交付請求者の氏名、住所等は通知しません。通知は10月1日以降の交付から行います。

■登録の変更・廃止
転居などの住所異動や戸籍届出により住所、氏名、本籍などの登録事項に変更が生じたときは、届出が必要です。

問合せ:市民課【電話】21-2315【FAX】20-0051

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地