ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2018年2月号

所得税の確定申告・市県民税の申告

7/49

島根県出雲市

申告書は、納税者が自ら作成し、提出していただくことが原則です。

~申告書の作成はホームページをご利用ください~
申告会場は大変混み合います。申告書の作成は次のホームページをご自宅でご利用ください。
市民税は「市役所ホームページ 市民税・県民税等申告書作成コーナー」
所得税は「国税庁ホームページ 確定申告書等作成コーナー」

■所得税、消費税、贈与税等(税務署職員が対応します)

※上記受付時間外は、出雲税務署時間外収受箱(出雲地方合同庁舎1階)へ投函することにより提出できます。
※医療費控除や住宅借入金等特別控除等の申告により所得税が還付される手続(還付申告)については、1月から出雲税務署および電子申告で受付けています。
※還付申告については3月16日(金)以降も出雲税務署および電子申告で受付できます。
問合せ:出雲税務署【電話】21-0440(代表)

■市民税・県民税(市職員が対応します)

《お知らせとお願い》
・8時30分開場、9時受付開始です。施設の安全管理上、会場へは8時以降にお越しください。9時頃は混み合いますので、時間をずらしてお越しください。
・会場の混雑状況により、待ち時間が長くなることがあり、また、受付人数を制限する場合があります。混雑時は受付時間中でも受付を終了し、受付できない場合がありますので、ご了承ください。
・申告期間中は本庁市民税課・各支所窓口では申告相談を行いません。
・詳しい日程や受付時間等については、この広報と一緒に配布している「市税だより」や市のホームページをご覧ください。

■申告に必要なもの
1.マイナンバーカードまたは個人番号通知カードおよび本人確認書類(運転免許証等)
2.給与収入、公的年金収入がある方は源泉徴収票(原本)
3.収支内訳書(営業・農業・不動産所得がある方で収入と経費を集計したもの)
4.生命保険料や地震保険料の控除証明書
5.社会保険料(国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料、国民年金保険料など)の証明書または領収書など
6.障がい者控除を受ける方は、「身体障がい者手帳」や「療育手帳」など
7.医療費控除の申告をされる方は、「医療費控除の明細書」
※今年度から申告方法が変更になります。領収書の提出は不要ですが、その領収書は自宅で5年間保存する必要があります。
8.印鑑(スタンプ印は不可)
9.預金通帳など、申告者名義の口座番号のわかるもの(所得税の還付申告の場合)
10.申告書(事前に届いている方)(昨年、市県民税申告書を提出された方には1月下旬に郵送します。)

問合せ:市民税課【電話】21-6770・21-6898

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地