ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2018年11月号

あなたも「歯周病」?!

17/71

島根県出雲市

昨年度の歯周病検診受診者の約5~7割が歯周病(中程度以上)!

歯周病は、歯を支える歯肉と骨に影響を及ぼす歯の病気です。
気づかずに放置し、進行すると歯が失われる原因となります。
歯や口の状態が悪いと、十分に栄養をとることができないため体力や免疫力は低下し、さまざまな病気や症状を引き起こします。
また、むし歯菌や歯周病菌は血液を介して全身を巡り、心臓病や脳梗塞、糖尿病、肺炎など命に関わる病気に関与していることが分かってきました。
歯周病は、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなっているケースが多く見られます。歯周病の予防には、日々の歯と歯ぐきのチェックやお手入れ、半年に1回は歯科医院を受診し、プロのケアを受けることが大切です。

■お口の健康は全身の健康と深い関係があります
・認知症
・心疾患
・肺炎
・糖尿病
・早期低体重児

■歯周病検診実施中!
市では、平成31年(2019)3月31日時点の満年齢が40歳・50歳・60歳・70歳の人を対象に、歯周病検診を実施しています。
・対象の方には、9月末に案内はがきを送付しています。
・実施歯科医療機関や個人負担金など、詳しくはご案内はがきをご確認ください。

検診をひとつのきっかけとして、ぜひ、お口の健康に目を向けてください。

問合せ:健康増進課
【電話】21-6976

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地