ユーザー登録
文字サイズ

地域の安全・安心を守る消防団~出雲市消防団の活動や取組などを紹介します~

5/45

島根県出雲市

■出雲市消防団の紹介
出雲市消防団は、団長以下、15方面隊45分団1,844名(条例定数)で組織される地域の消防防災組織です。
消防団は、市の消防機関ですが、それを支える消防団員は「自らの地域は自らで守る」という郷土愛護の精神に基づいて入団し、地域住民を守るために昼夜を問わず消防活動に当たっています。これは江戸時代の「町火消し」、明治時代の「消防組」以来の伝統であり、この基本精神は現代においても変わることはありません。

■活動内容
消防団の活動は、火災における消火作業だけではありません。実際にどのような所で活躍しているのか、どのような役割を持った組織なのかをご紹介します。
消防団は、消防本部や消防署と同様、消防組織法に基づき、それぞれの市町村に設置される消防機関です。地域における消防防災のリーダーとして、平常時・非常時を問わずその地域に密着し、住民の安全と安心を守るという重要な役割を担っています。活動としては、火災対応訓練はもとより、台風や豪雨などの風水害さらには大規模地震までさまざまな災害に対応する各種訓練、火災予防広報や高齢者宅への防火訪問、応急手当の普及指導など多岐にわたります。
消防団員は、区域内に居住または勤務されている方で構成されているため、地域の人々や事情に通じていることや、災害時多数の団員の動員が可能なことから、地域に密着した活動を展開しています。

■平常時の活動
◇消火・防災訓練
火災現場での消火を想定した訓練(放水訓練等)を行っています。また、各地域で開催される防災訓練にも、積極的に参加しています。

◇救命講習会
救急車が到着するまでの応急手当の仕方や、AEDの使い方などを指導する講習会などを行っています。

◇防火啓発活動
各家庭を訪問し、防火指導等の啓発活動を行っています。住宅用火災警報器の設置を推進したり、消火器の使い方を指導したりすることも重要な任務です。また、大規模店舗において消防団のPR活動や消防団員加入促進活動を行っています。

■災害時の活動
◇消火活動
火災が起こった際は、自宅や職場から現場へ駆けつけて消火活動を行います。消防署の消防隊と連携を図り、消火活動や消防隊員の後方支援などその場に応じた活動を展開します。

◇救助活動
地域を知り尽くした消防団員の救助活動は大きな力になります。大規模災害時には発生直後から地域と連携し、救助活動や避難誘導を行います。

◇水災活動
風水害の際、河川等の警戒はもちろん、土のうを準備して適切に積んだりすることも大切な活動です。また、消防職員と協力して住民の避難誘導や救助を行います。

■女性消防団員
女性消防団員は、出雲市では女性のみで組織する部(出雲市消防団女性部といいます。)に属しています。
女性の持つソフトな面を生かして、住民に対する防災教育および応急手当の普及指導、火災予防運動期間中の広報活動、住宅用火災警報器の普及促進、高齢者宅の防火訪問等において活躍しています。

■入団後の主な待遇
報酬等:職務報酬の他、災害活動や訓練に出動した場合は、出動手当が支給されます。
退職報償金:一定期間以上在籍し退団した際には、退職金が支給されます。
被服の貸与:消防団活動に必要な被服を貸与します。
表彰制度:職務に当たって功労・功績があった場合には、表彰されます。
公務災害補償:消防団活動中に負傷した場合の補償制度があります。
その他:「消防団応援の店」で団員(家族)が各種サービス(※)が受けられます。
(※)商品、飲食代金の割引、1品サービスなど応援の店によって受けられるサービスは異なります。

◆消防団の主な年間行事
4月:辞令交付式
5月:幹部・新入団員訓練
6月:消防操法大会(各方面隊において主に夏季に実施)
7月:島根県消防操法大会(小型ポンプの部、ポンプ車の部)
9月:出雲市防災訓練(該当地区)
11月:秋季全国火災予防運動、原子力防災訓練(該当地区)
12月:年末年始特別警戒
1月:出雲市消防出初式
3月:春季全国火災予防運動

~年間を通じて実施~
・ポンプ点検
・放水訓練
・普通救命講習
・水利点検 など

◆消防団員にインタビュー!
《地域をつなぐ消防団》朝山分団 吉田さん
消防団には幅広い年齢の、さまざまな職業の人が在籍しています。消防団に入らなかったら決して知り合うことがなかった方と共に活動し、交友を深めることができ、充実した日々を過ごしています。
火事が起きた際、今までニュースの中の出来事と思っていましたが、実際に消防団員として現場に駆けつけると、火災の恐ろしさを再認識させられました。いち早く消火活動を行えたのも普段の訓練の成果であり、地域に貢献できたと思った瞬間でもありました。
万一の際、消火活動は重要な任務ですが、住民として火を出さないことが最も重要です。地域の皆さんに火災予防をこれからも継続して訴えることで、1件でも火災が減るよう活動していきたいと思っています。
また、今年度からは出雲市消防団学生ボランティアサポート隊の皆さんの協力を得て、消防操法大会の補助をしてもらったり、団員の加入促進活動を一緒に行ったり、とてもやりがいのある活動ができていると感じています。
最後に、全国各地では木造住宅密集地での火災をはじめとする各種災害が多発しています。私たちの地域を守るため、出雲市消防団は若い力を必要としています。一緒にふるさとを守りましょう!

◆消防団員になろう!
大切な人と大切な地域を守るため「あなたにもできること…きっと、あるはずです。」
☆まずは、お問合せください☆
入団資格などについては消防本部または地元消防団にお問合せください。
過去に発生した大災害時に再認識された消防団の組織力は重要であり、消防団員の確保はとても大切です。地域防災力の一層の強化にご協力をお願いします。

問合せ:消防本部警防課 【電話】21-6923

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地