ユーザー登録
文字サイズ

祝 日本遺産認定!日が沈む聖地出雲~神が創り出した地の夕日を巡る~

2/51

島根県出雲市

平成29年4月28日、出雲市が文化庁に申請していた夕日にまつわるストーリー「日が沈む聖地出雲~神が創り出した地の夕日を巡る~」が、「日本遺産」に認定されました。

《日本遺産とは》
「日本遺産」は、平成27年に創設された文化庁の取り組みで、日本各地で受け継がれてきた、歴史的魅力(みりょく)や特色を語る「ストーリー」を日本遺産として認定するものです。
世界遺産や国宝などの指定文化財のように、文化財個々の価値づけ・保全を目的とするものではなく、地域に点在する有形・無形の文化財を、ストーリーのもとで、指定・未指定を問わず「面」として一体的にPRします。
市では今回の認定を受け、魅力あふれるストーリーを広く情報発信し、より多くの観光客誘致や地域の活性化に向けてさまざまな事業を進めていきます。

《認定ストーリー》
島根半島西端の海岸線は、出雲神話の舞台となった「稲佐(いなさ)の浜」と「日御碕(ひのみさき)」の名で親しまれ、そこから見る夕日は絶景です。しかし、この海岸線に、夕日にちなんだお社である「天日隅宮(あめのひすみのみや)」(出雲大社)と「日沈宮(ひしずみのみや)」(日御碕神社)が祀(まつ)られていることはあまり知られていません。
古来、大和(やまと)の北西にある出雲は、日が沈む聖地として認識されていました。とりわけ、出雲の人々は夕日を神聖視して、畏敬(いけい)の念を抱いていたと考えられます。
海に沈む美しい夕日は、日が沈む聖地出雲の祈りの歴史を語り継いでいます。

《構成文化財》
ストーリーを語るうえで欠かせない有形・無形の文化財を「構成文化財」といいます。「日が沈む聖地出雲」は、23の文化財とともにつむぐ物語です。
1.稲佐の浜
2.神迎神事
3.出雲大社本殿ほか
4.屏風岩(びょうぶいわ)
5.大土地神楽
6.上宮
7.薗の長浜
8.神戸川河口
9.長浜神社
10.日御碕
11.日御碕神社社殿
12.出雲国風土記(日御碕本)
13.白糸威鎧(おどしよろい)
14.出雲日御碕灯台
15.つぶて岩
16.筆投島(ふでなげじま)
17.経島のウミネコ繁殖地
18.神幸(みゆき)神事
19.20.宇龍・権現島
21.月読社(つきよみしゃ)
22.鷺浦
23.猪目洞窟遺物包含層(いのめどうくついぶつほうがんそう)

《公式ロゴマーク》
日本を表す赤丸。その下にあるのはJapan Heritage(日本遺産)の図形文字です。
点と線が集合して、ひとつの面をなす、日本遺産のコンセプトが表現されています。

おたずね/文化財課(出雲弥生の森博物館内)TEL 21-6893

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地