ユーザー登録
文字サイズ
自治体の皆さまへ

10月1日から幼児教育・保育の無償化が始まります

5/40

長野県塩尻市

10月から全国一斉に始まる幼児教育・保育の無償化について、概要をお知らせします。

■保育園(公立・私立)、認定こども園、地域型保育施設※
※現在、市内に地域型保育施設はありませんが、令和2年4月に小規模保育所2園が開所予定です。

〇3~5歳児と市町村民税非課税世帯の0~2歳児の保育料が0円になります。
※年齢は平成31年4月1日現在です。
※認定こども園の幼稚園部分は、満3歳児(3歳に達した日から最初の3月31日までにある子)も対象になります。

・副食費
3~5歳児は、保育料の無償化に伴い、新たに副食費(給食のおかず、おやつ代)を負担していただきます(月額4,500円)。ただし、年収360万円未満相当の世帯または市独自の制度により第2子以降は減免となります。
なお、0~2歳児の副食費は、これまでどおり保育料に含まれます。

・手続き
無償化に伴う手続きはありません。

■幼稚園※
※子ども・子育て支援新制度に未移行の幼稚園についての内容です。市内の幼稚園全園が該当します。

〇満3~5歳児の保育料が月額2万5,700円まで無償になります。
※満3歳児も対象となります。

・預かり保育料
市から「保育の必要性の認定」を受けた場合は、預かり保育料も一定額まで無償となります。(満3歳児は市町村民税非課税世帯に限る)

・副食費
副食費などの実費徴収分は、無償化の対象外です。ただし、年収360万円未満相当の世帯または市独自の制度により第2子以降は減免となります。

・手続き
無償化のための申請書の提出が必要です。詳細は、園を通じてご案内します。

■認可外保育施設※、デイ保育、病児・病後児保育、ファミサポ
※企業主導型保育事業も含まれます。

〇3~5歳児の保育料が月額3万7,000円まで無償になります。
〇市町村民税非課税世帯の0~2歳児の保育料が月額4万2,000円まで無償になります。
※市から「保育の必要性の認定」を受けた世帯に限ります。

・幼稚園などと併用できる場合があります
幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)に通っているお子さんは、これらの保育料と併せて無償化の対象となる場合があります。詳細は、お問い合わせください。

・手続き
無償化のための申請書の提出が必要です。詳細は、施設などを通じてご案内します。

◆Q&A
Q:市外の幼稚園に通っている場合も対象となるのですか?
A:対象となります。この場合、住所地である塩尻市に申請をしていただきます。詳細は、園を通じてご案内します。

Q:なぜ新たに副食費を負担することになるのですか。
A:保育園では保育料に副食費が含まれていましたが、自宅で子育てをする場合も同様に掛かる費用であるため、保育料の無償化に伴い副食費が実費負担となりました。

Q:障害児通所施設は、無償化の対象になりますか?
A:対象になります。また、保育園や幼稚園、認可外保育施設などと併行通園している場合は、両方とも無償化の対象となります。(手続きは不要)

Q:副食費の塩尻市独自の減免とはどのようなものですか?
A:第2子の副食費を半額免除します。また、第3子以降の副食費の全額免除において、被扶養者保護者であるすべての子どもをカウントします。

※詳細は、幼児教育・保育の無償化特設ホームページ(内閣府)【URL】https://www.youhomushouka.go.jp/もご覧ください。

問合せ:こども課こども応援係
【電話】(直)0263-52-0844

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階

市区町村の広報紙をネットやスマホで マイ広報紙

MENU