ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年7月号

まちのわだい

51/55

島根県出雲市

■「平成」から「令和」へ 新たな時代の幕開け
5月1日、30年続いた「平成」が幕を閉じ、新たに「令和」の時代が始まりました。
出雲市役所では、記念の懸垂幕を掲げたほか、本庁・支所に婚姻届受付窓口を設置しました。婚姻届は、101件の届け出があり、多くのカップルが新たな時代と共に新生活をスタートしました。
神門通り周辺では、日本酒の振舞い、番内の衣装でのお出迎えなどがあり、JR出雲市駅では、初日に来雲する電車を出迎え、乗客に記念クッキーなどが配布されるなど市内各地で記念イベントが開催され、新しい時代を歓迎しました。

■島根ぶどう(デラウェア)が贈呈されました
5月31日、JAしまね出雲ぶどう部会及びJAしまね出雲地区本部の皆さんが市役所を訪問、長岡市長に島根ぶどう(デラウェア)を贈呈しました。
試食した長岡市長は「実もぎっしりつまっているし、とても美味しい。」と感想を述べました。また、生産や販売の状況を聞き、「更なるファンの獲得をめざしてほしい。」と今後への期待を話しました。
なお、今年のデラウェアは、4月19日に初出荷され、販売が始まっています。

■羊の毛刈りが行われました。
6月2日、佐田町の飯の原公園吉栗の郷で「羊たちの毛刈り大会」が行われました。
毛刈りを体験できることもあって、たくさんの子どもたちがバリカンや手ばさみを使って、モコモコになった羊の毛を刈って大喜びしていました。
羊たちも夏に向けてすっきりとした様子でした。
また、公園内には羊と散歩ができるスペースなどもあり、多くの家族連れで賑わっていました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地