ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年2月号

農地の取得等に係る下限面積の見直しについてお知らせします

7/51

島根県出雲市

農地の取得や借りる場合は農地法により、農地経営面積が50アール(もしくは地区別に定められた下限面積)未満の規模ではできないとされていますが、農業委員会が「別段の面積」を定めた場合は、その面積を下限面積とすることができます。
圃場整備が行われていない農地や農業振興地域の白地地域内(農用地区域外)の農地、また、宅地まわりの狭小な農地は、担い手等の耕作が困難であることが多く、所有者が遠くに居住されている場合等は遊休化することになります。
出雲市農業委員会ではこのような農地を対象として、下限面積を1アールに引き下げることにより、非農家でも近隣に居住する者が取得等により野菜等を栽培することができ、有効活用できるようにしています。

問合せ:出雲市農業委員会事務局
【電話】21-6762

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地