ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年2月号

平成31年4月から「支所」が「行政センター」に変わります

5/51

島根県出雲市

■支所見直しの経緯
現在、支所については、平田、佐田、多伎、湖陵、大社及び斐川地域に配置し、基本的な業務として、住民窓口、健康福祉業務のほか、道路等の維持補修業務、地域振興や防災に関わる業務などを行っています。
合併協定では、「合併10年経過後の支所においては、基本的な機能は残しつつ、地域自治区における取り組みの状況を踏まえ、行政業務の更なる効率化を図る。」とされていました。
平成17年の合併から10年以上が経過し、地域自治区(地域協議会)を平成28年度末に廃止したことや、老朽化した支所庁舎の対応などの状況から、将来における支所機能のあり方について、平成29年2月から検討を行ってきました。
これまで、市議会をはじめ、出雲市行財政改革審議会、各地域の自治協会等から意見を伺いながら検討を進めてきた結果、現在の6支所を、平成31年4月から、住民に密着した窓口サービスに重点を置く「行政センター」として、従来どおり旧市町ごとに配置することを基本的な考え方とし、市全体として本庁が行う業務と各地域において行政センターが行う業務の見直しを行います。

■見直し後の行政センターと本庁との業務分担(概要)

※1 本庁が担当することとなる業務であっても、行政センターでは、業務によって、一次相談業務や書類の本庁への取次ぎを行います。
※2 斐川行政センターに、斐川地域の農業関連業務を担当する本庁の組織を配置します。
※3 日常的な道路等の維持業務については、当面、平田、斐川及び佐田の行政センターに、道路河川維持課の職員を駐在(配置)し、業務を行います。多伎地域及び湖陵地域の土木関連業務は佐田行政センターの駐在職員が、大社地域の土木関連業務は本庁職員が担当します。

行政センターに関する記事は、4月号(3月20日発行号)でも掲載する予定です。

問合せ:
自治振興課【電話】21-6619
行政改革課【電話】21-6265

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地