ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2019年2月号

出雲エコなび

15/51

島根県出雲市

■2月は省エネルギー月間です
寒い冬でも、さまざまな暖房機器によって、快適に過ごすことができます。しかし、消費される電気やガスの使用量も光熱費も年間で最も多くなる季節です。
衣類や暖房機器の使い方を見直すことで、経済的で快適な冬を過ごしましょう。

◇ウォームビズを取り入れよう!!
ウォームビズは、環境省が呼び掛けている、暖房時の室温20℃で快適に過ごすライフスタイルのことです。ウォームビズは、難しい取組ではありませんので、さっそく実践してみましょう。
例えば、暖かい機能性素材の下着を着用することや、室内でもセーターやカーディガンなどを1枚多く着るよう工夫してみましょう。
また、首、手首、足首など太い血管のある部分を重点的に温めると、体全体が温まり、冷え症などの改善にも役立ちます。
詳しくは、環境省のホームページをご覧ください。
【HP】https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/warmbiz/

問合せ:出雲市地球温暖化対策協議会事務局(環境政策課内)
【電話】21-6535

■PM2.5の「注意喚起情報」
冬から春にかけて、PM2.5(微小粒子状物質)の濃度が上昇する傾向があります。
県では、1日の平均値が70マイクログラム/立方メートルを超えると予想される場合に注意喚起を行います。市では、県からの注意喚起を受けた場合、市のホームページや防災行政無線、ケーブルテレビなどを通じて市民のみなさんへ注意を呼びかけます。特に呼吸器系や循環器系の疾患がある小児や高齢の方は、必要に応じて保育所、幼稚園、小学校、高齢者施設等と健康状態に関する情報を共有しながら、日常の健康管理をしましょう。

◇注意喚起情報が発表されたら
・屋外での長時間の激しい運動は、減らしましょう。
・屋内でも換気や窓の開閉を最小限にするなど、外気の侵入を少なくしましょう。
・呼吸器系や循環器系疾患のある方、小児、高齢の方は体調に応じてより慎重に行動しましょう。

◇外出先で情報を知りたいとき
・『しまね防災情報』をご覧ください。
【HP】http://www.bousai-shimane.jp/
・『しまね防災メール』に登録してください。

問合せ:環境政策課
【電話】21-6989

発行:環境政策課
『出雲エコなび』で検索
【HP】http://izumo-econavi.com

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地