ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2018年10月号

となりのミコトッキー 第39回

17/48

島根県出雲市

■「平成30年の出雲市における繁殖結果」
今年の繁殖期は、2月にあった猛烈な寒波の影響、あるいは4月の島根県西部の地震の影響なのか、ふ卵器内の卵の発育が止まってしまいました。
このため、今年の繁殖期は、4~5羽の増加を目標としていましたが、最終的にAFペアの子ども3羽のみの増加となってしまいました。
また、公開施設の建設工事の時期に重なったため、例年より早めに親子分離をしました。その際、体重測定とクチバシの長さを計測した結果、673と675は、トキ飼育ハンドブックで示されている3か月目のメスの平均体重1500g前後で、クチバシの平均の長さ、150mm前後のためメス、686がオスの平均体重180017g超、クチバシの長さが平均162mmより大きいのでオスと推定していたところ、8月28日付けの血液検査の結果、推定どおりオス1羽、メス2羽となりました。
この幼鳥たちは、10月末頃には佐渡へ移送し、順化訓練後に順次、佐渡の自然に放鳥される予定です。

問合せ:出雲市トキ分散飼育センター【電話】20-1350

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地