ユーザー登録
文字サイズ

広報いずも 2018年1月号

地産地消コーナー OH!まいがな出雲! Vol.21

16/45

島根県出雲市

地元でとれる食材のおいしさを再発見してもらい、積極的に消費してもらいたい!地元食材や生産者に親しみをもってもらい、地域への愛着を深めてもらいたい!との思いで、毎月いろいろな情報をお届けします。

■Vol.21 美味しいのは春だけじゃない! 寒鰆(かんざわら)
冬は多くの魚たちに脂が乗り、美味しく食べられる季節です。今回はそれらの中から鰆という魚についてご紹介します。鰆は魚へんに春と書くため、春が旬というイメージのある魚です。実際に瀬戸内の方では、産卵時期の春に大量に漁獲された鰆を白子や卵と一緒に食べることが多いため、春が旬とされています。ですが、冬の時期の鰆は身が締まり脂も乗っていてとても美味しくなります。このため、寒鰆と呼ばれており味の旬は冬だと言われています。
今回は、そんな寒鰆を美味しく食べるためのレシピをいくつかご紹介します。
ここに掲載しましたレシピの他にも、皮の香ばしさと上質な脂の旨みがマッチする炙りや酢〆、味噌漬けなどもお勧めです!
癖もなく、いろいろな料理に合いますので、ぜひ味わってみてください!

■鰆の昆布茶焼き
[材料]
・鰆の切り身…2切れ
・塩…1切れにつき1つまみ
・昆布茶…小さじ1~2杯
・大根、大葉、ニンジン、レモンなど…お好みで
・油…適量
(1)鰆の切り身に塩と昆布茶をまぶし、数分置いてなじませる。
(2)油をひいて熱したフライパンに鰆を入れ、フライパンの上部をアルミホイルで覆って弱火で蒸し焼きにする。
(3)大根、ニンジン、大葉等の野菜やレモンを添える。

■鰆の白菜蒸し
[材料]
・鰆の切り身…2切れ
・ニンジン…少々
・白菜…3枚
・めんつゆ…10ml
・七味…少量
・しめじ…1房
・小ネギ…少々
・昆布…1/3枚
・水…10ml
(1)白菜を千切りにし、ニンジンを型抜きする。
(2)皿に昆布、白菜、鰆、しめじ、ニンジンの順に重ね、めんつゆと水を混ぜたものを上からかけ、ラップをしてレンジで3分加熱する。
(3)小ネギや七味をかける。

今月の担当:水産振興課 【電話】21-6795

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

広告

※広告は一般社団法人オープン・コーポレイツ・ジャパンが掲載しているものであり、広報紙を発行している自治体とは何ら関係ありません。

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル
協力 出雲市 〒693-8530 島根県出雲市今市町70番地